ロイヤルカナンの腎臓食

ネコは10年ほど生きると、腎臓を患ってしまうことが多いのですが、

私のネコは、6歳でその臓器が悪くなり始め、血液検査でもここで食事を変えていかないと余命があまり長くありません、と言われてしまいました。

そこで、獣医さんオススメの腎臓用の食事に変更しました。それが、オーストリア産のロイヤルカナンというブランド。こちらからは、パウチで柔らかいタイプと、粒状のキャットフードが出ています。どちらも、ベーシックタイプ、フィッシュ味ダイプ、スペシャルサポートタイプと3種類でています。店頭ではあまり置いてなく、動物病院で購入するとお高めなので、いつもアマゾンで24個入りのパウチのベーシックタイプを購入しています。それでも一つ130円ほどなので、パウチタイプの国産高級キャットフードより高くなりますが、これもネコちゃんのためです。

お薬もあげていますが、ご飯はすべてロイヤルカナンにシフトしました。封を切ると、ネコちゃんが好きそうなお魚の匂いがします。見た目は、普通のご飯と変わりありませんが、療養食なのでリンやたんぱく質の配合が一般のエサとは違うようです。わたしのねこは、このご飯が大好きで、食いつきがとても良いです。獣医さんに教えていただいたポイントが、パウチを湯煎であたためると、もっと食べてくれるそうです。食欲がないときや、注射のあとには、この方法で与えています。

このロイヤルカナンの腎臓食を食べ始めてから、体調も安定しましたし、血液検査でも、数値が下がってきました。最近では、ご飯まだ~?と足にすりすりしてくるぐらい元気に回復しました。値段は少々張りますが、ネコちゃんの健康も考えると、6歳くらいになったら、腎臓をいたわった食事に変えていくことがとても大事ですね。

猫3匹それぞれ好みが違うキャットフード作り

我が家では猫を3匹飼っているのですが、人間にも個性があるように猫にもそれぞれ個性があります。しかし、その個性がキャットフードを与える際に毎回苦労しているのです。

我が家で猫を飼い始めた頃は2匹からのスタートでした。2匹とも中くらいの大きさに成長した状態で飼い始めたのです。その際には2匹にキャネットという昔からある定番のキャットフードを与えており、2匹ともガリガリと音を立てながら美味しそうに食べていました。

ところが猫を飼い始めてから1年が経過しようとした頃に3匹目の子猫が我が家に迷い込んで来てしまったのです。これをきっかけに餌の与え方に変化が訪れるようになったのです。

3匹目の子猫は乾燥タイプのキャットフードは固くて食べにくそうだったので、お湯を含ませて1度柔らかくさせてから与えていました。ですが、子猫も味にうるさいのかふやけた餌にすぐに飽きてしまい、餌を食べたくなったのです。

そうなると缶詰めタイプの餌を購入することになり子猫に与えてあげました。子猫はこれまでにないくらい美味しそうに缶詰めを食べおかわりを求めるほどでした。

しかし、この状況を見ていた2匹の先輩猫たちが俺たちにも食べさせろと言わんばかりに缶詰めの方へと寄ってくるのです。私も根負けしてしまい、とうとう2匹の先輩猫たちに缶詰めの餌を与えてしまったのです。

この甘い判断が間違っていたのか、1匹の先輩猫がこれを機会にキャットフードのみでは餌を食べなくなってしまったのです。餌を与える際にはこれまでのキャットフードに缶詰めタイプの餌を混ぜてから与えないと1口も食べてくれないわけです。

従って我が家ではキャネットだけのお皿とキャネットプラス缶詰めのお皿、そして子猫用の缶詰めタイプの餌と分けて与えています。けっこう面倒くさいです。

私のオススメサイト→無添加キャットフードおすすめランキング